HOME>トピックス>虫歯にならないためには毎日の歯磨きがとても重要

虫歯になってしまうメカニズムの説明

歯医者

歯医者さんがなぜ必要なのか、それは悪くなった歯を治療してもらうためという理由が1番だと考えます。その通りで虫歯になってしまったら自分では絶対に治すことができなきので歯医者さんは必要です。しかしなぜ虫歯になってしまうのか、そのメカニズムについてきちんと知っている人は少ないようです。江坂の歯医者では患者さんに虫歯になる理由を患者さんに説明しています。なぜならメカニズムが変われば歯磨きをする本当の理由がわかるからです。

酸が歯を溶かす

歯医者

虫歯になってしまう理由は細菌が出した酸が歯を溶かしてしまうからです。実は私たちのお口の中にはかなりの数の細菌が存在していて、その中に虫歯菌も含まれます。その虫歯菌は私たちが食べる食べ物、特に糖が大好きでそれをエサにして生存しています。虫歯菌が糖を食べると、酸を排出する特徴があります。そうすると歯がその酸にやられて溶けてしまい、歯磨きをしないでいるといつか歯がなくなってしまいます。これが虫歯になってしまうメカニズムです。よく小さい子に甘いものを食べると虫歯になってしまうと言いますが、本当にその通りなのです。この理由から江坂の歯医者では患者さんの毎日の歯磨きは大切と必ず説明しています。

広告募集中